帽子の保管方法


ニットや麦わら材料など、帽子にはそれぞれ季節によって様々なステージがあります。
季節ごとに使い分けている方は多いと思いますが、シーズンオフの帽子は、どのように保管しているでしょう。
間違う保管を通しておくと形状壊れしてしまったり、シワになったりしてしまうことも多くあります。
保管方法にいくぶん気をつけるだけでも、帽子の状態に大きな違いが出てきますよ。
素晴らしい状態で長く使うためにも、帽子のふさわしい保管方法を覚えておきましょう。
長く保管する場合それでは、帽子もお洋服と同様に、衣装ケースや容器などに入れておくと安心です。
脱臭剤や除湿剤も一緒に入れておくと、より良い状態で保管することができますよ。
ウール材料の帽子まずは、防虫剤も入れておくと良いでしょう。
中折れ帽子やハットの場合、必ずツバを上にして保管ください。
クラウン部分の形態を保つことができます。
ニット帽や髪の毛バンド、バンダナなどのように平坦になるものは、ことごとく綺麗に伸ばした状態で保管ください。
曲がっていると専らシワになってしまうので注意しましょう。
ハンチング帽やベレー帽、キャスケット帽などの場合、新聞紙やチラシなどを丸めて円状にしたものを出し、インナーに入れておくと形状歪曲を防ぐことができます。
キャップの場合も同様です。
お店によっては、半数に折るようにして重ねてディスプレイされているところもありますが、長期保管の場合まずはこの方法は間ギャップです。
半数に折っていると、前もってセンターに折り目が付いてしまいますし、シワや不潔の原因にもなってしまいます。
新聞紙などを入れて外見を整え、綺麗な形で保管するようにしましょう。

ニット帽の組立て方


業者には色々な帽子があり、自分に当てはまる帽子選択も面白いものだが、手作りがスキな人様なら、帽子も手作りしてみてはいかがでしょう。
自分で作る帽子なら生まれや材料、デザインまで好みのもので集めることができますし、手作りした帽子はかぶるのも明るいですよね。
編みものがスキな方なら、冬の通常「ニット帽」を作ってみましょう。
毛糸は太さや彩りが豊富に揃っています。
おんなじデザインけれども、毛糸の種類によってムードが違うので、いくつか作ってみても嬉しいですよね。
ニットは収縮するので、自由サイズで探ることができる部分も嬉しいですよね。
基本的誕生方を覚えておきましょう。
それでは鎖編みを通して108目拾って輪にします。
10段目までゴム編みで編み、直後50段ほどメリヤス編みでまっすぐに編み上げていきます。
高さが20cm度合いになるようにしましょう。
金字塔のちは、引き抜きはぎをしてあわせます。
そのままでもシンプルで良いですが、両サイドにボンボンを作って付けても可愛らしいですよ。
ボンボンは簡単に作りあげることができます。
とにかく、作りたい大きさに切った厚紙を手配します。
中央部分に切れ目を入れて、毛糸をくるくると巻いていきます。
巻き終わったら、完全ん中の地点をきっちりと結び、リボンもののルックスにします。
両端をハサミで切り、毛糸1本1本を設けるようにして、飛び出た毛糸はカットして、綺麗な球体になるように整えて終結です。
巻き付ける音量によってボンボンの印象が違うので、ぴったりしたボンボンにしたい場合は巻き塗りつける音量を増やしてみましょう。

ベレー帽、キャスケット帽の組立方

裁縫がスキな奴なら帽子も手作りしてみてはいかがでしょう。
衣装や袋などは作ったことがあるけど・・、帽子は難しそう・・・などと考えている人も多いかと思いますが、作ってみるとさほど簡単です。
好みの生まれで、自分にぴったりの帽子を作ってしまいましょう。
初めて決める方は、ベレー帽がお進めです。
ツバゾーンがないベレー帽なら、手軽に調べることができますよ。
クラウン部分の大きさを少々入れ換えるだけで想像が変わります。
また、通常はクラウン部分は円形で作りますが、楕円形で作ってみると色々な面構えを楽しむことができ、その日の一筋や衣装によって、異なる認識に集めることができます。
本当に、トップとサイドのデザインを型紙を使って捨て去ります。
トップに乗せるようにサイドのクラウン布を併せ、縫い合わせます。
サイドの角を立体的にするように縫い合わせます。
サイドを重ねる時は、縫い代は割って縫い合わせましょう。
トップが下になるように置き、サイドの角の内にリボンを縫い付けます。
良い「キャスケット」帽も手作りすることができますよ。
キャスケット帽は、お決まり8枚はぎで作られています。
8枚布のクラウンとバイザー、リボンの型紙を用意して、生まれをカットしましょう。
4枚はぎを2チーム縫い合わせ、ツバ部分は結び付き受け取りを通してアップしておきます。
装着部に6~8個所割れ目を入れます。
クラウンにツバを縫い付けて、差し込むようにリボンをぐるっと巻きます。
リボンにミシンをかけて、トップにリンクを付けたら終結です。
キャスケットは、生まれによって夏場も冬季も重なることが出来る帽子です。
季節ごとに自分だけのキャスケット帽を用意してみてはいかがでしょう。