夏に着るランジェリー


アウターのシルエットをキレイに魅せる効果が在るとしてランジェリーは有効的ものです。
ランジェリーの機能としては汗を吸収して得る機能、アウターに皮脂や汗が付かない様に防いでくれる機能が有ります。
夏は暑いですよね。
別に梅雨の時期は湿度が厳しくジメジメしていて汗をかく場合が多いです。
ブラジャーやショーツの上に直接アウターを着ていると、アウターが汗でぐっしょりになって仕舞う可能性も高いのです。
そうすると汗染みが出来たり、生地が傷んだりしてしまうので、そう言う事を防ぐ為にも夏にランジェリーを着けるのは有効的だと言えます。
また、洋服が汗でくっついてしまってまとわりつくのも嫌ですよね。
そう言ったまとわりもランジェリーを1枚着ているだけで回避する事が望めるというのです。
日本の暑い夏に着けるランジェリーにはいかなるものが良いかと言うと、吸湿性に思い切り優れている素材の綿がお勧めだと思います。
肌触りが良くてサラッとしている物が良いと思います。
また汗で臭いが出ても言い様に抗菌防臭効果が有ればますます良いかもしれませんね。
汗でブラジャーがくっ付いてしまってラインが見えてしまうと嫌ですもの・・・。
夏にランジェリーとなると僅か暑くて着たくないなと見まがう人が多いかもしれませんが、材料さえ選べば夏にランジェリーこそ最適な下着であると言えるというのです。
汗や皮脂がたくさん出やすい夏は材料を選んで効果的にランジェリーをきる様にください。

冬に着るランジェリー

冬にもランジェリーはパーフェクト効果を発揮します。
オシャレを目的としてはおる事が多いランジェリーですが、冬はその目的だけじゃなく他の目的を所持してはおる事が出来るのです。
それが防寒対策です。
1枚中にランジェリーを着ているだけで寒さを少し鎮める事が出来ます。
その為にもランジェリーは着ていた方が良いと思います。
ただし、冬にきるランジェリーには小さな問題も在るのです。
たとえば冬は何となく空気が乾燥します。
肌も乾燥してしまいますよね。
その為に静電気が起き易くなってしまいます。
静電気が起きるとランジェリーのテカテカした材料だと身体にまとわりついちゃって上にずり上がって来る等、着ていて違和感も感じてしまいますよね。
そういった問題を解決する為にも市販されている静電気防止スプレーを利用する方法、ランジェリー自体に静電気防止加工が付いている方法等が有ります。
しかし静電気防止加工を通じているランジェリーは洗濯の度に効果が薄れてきてしまいますので、お手入れにも気を使わなくてはいけません。
こんな場合、洗濯時に柔軟剤を閉じ込めると言うのもオススメみたいですよ。
冬のランジェリーは保温効果がある半面、静電気との戦いも有ります。
でもオシャレは楽しみたいですよね。
柔軟剤を利用して上手にお手入れしながら冬のランジェリーを楽しみましょう。
しかし、材料を変えて選べば静電気自体が起きない可能性も有りますから、購入するなかにはお店の人と相談して見ると良いでしょう。

ランジェリーの種類について3


ランジェリーとは下着全般の事を指している訳では有りません。
ではランジェリーの種類とは如何なるものが有るのか色々な種類が有りますので、その中のいくつかをご紹介したいと思います。
ぜひ参考にしてください。
【Gストリングショーツ】
凄いセクシーなタイプのランジェリーになります。
殆どが紐で出来ているショーツの事を指しています。
布地はフロント部分に僅かあるだけ、後は全て紐なのです。
Tバックのぐっとセクシー版として頂ければ良いと思います。
【ビスチェ】
本来のビスチェとは、チューブトップの様に胸から腰のくびれ辺りまでをカバーする様な丈の長いブラジャーで、ストラップレスタイプという感じのランジェリーが主流となっていました。
近年においては形としては同じだけれども、ストラップが付いているパターンのものが出て来る等、様々な品数になっている様です。
胸の形、上半身の形をキレイに見せてくれるランジェリーとして人気が有ります。
現在ではアウターとして選べるタイプのビスチェも有るそうです。
【コルセット】
本来コルセットはランジェリーとしての扱いではなく、ウエストをキレイに魅せる為に開発されたファンデーション(基礎下着)になっていたそうですが、その補正機能にプラスして装飾性を擦り込みくわえた事で一層嗜好性が高いランジェリーとして生まれ変わっています。
コルセットを身に付ける事でウェストラインがいやにキレイに言える様に、ボーン入りとなっているコルセットが多いそうです。

ランジェリーの種類について2

ランジェリーには色々な種類のものが作られています。
どういうランジェリーが有るのか、その中の一部をご紹介して見たいと思いますので参考にして下さい。
【シミーズ】
ベビードールやスリップものの様なランジェリーでシミーズというランジェリーが有ります。
主に胸辺りから腰辺りまで在る、袖が無いタイプのものを指しています。
イメージ的に言うとキャミソールよりは丈が長め、それでもベビードール程裾がフワッと広がっていないものとしてもらえばイメージが付き易いかと思います。
【ベビードール】
愛らしいデザインが多く女性らしさを演出する事がとれるものにベビードールというタイプのランジェリーが有ります。
機能性重視と言うよりは、デザインに重きを置いている場合が多く、純粋にオシャレを楽しむ為のものと言って良いかもしれません。
デザイン的にはバストの下あたりで切替えが入っていて、そこから腰辺りまでの丈でフワッと広がっている物が一般的です胸元にはリボンやレースが付けられていたり、裾にもレースやフリルが付けられていたりなど、遊び心いっぱいの良い感じのランジェリーです。
【テディ】
テディとはパンティーが付いているタイプでワンピース型の下着の事を指しています。
イメージ的に言うと、ボディスーツ、レオタードといった感じと言うと通じるかもしれません。
補正目的と言うよりは装飾性が厳しい、オシャレを楽しむ為のランジェリーとして人気が高いです。