ママさんに人気の「ガーデンパーティ」


エルメスのバッグは、普段の生活では使いづらいのでは、と思われているかもしれませんが、「ガーデンパーティ」はこうした心配もありません。
ガーデンパーティは、ユーザビリティに優れたバッグです。
サイズを調整することができ、荷物の量によって対応できるようになっています。
また、デザインはエレガントでラインナップも豊富なので、色んなシーンで活躍できます。
「ガーデンパーティTPM」は、材料にキャンバス生地のトワルアッシュと水牛革のブッフルを使用して製作されてあり、ショルダーバッグやハンドバッグとして助かる優れものです。
エルメスというと、女性を顧客の中心としてきましたが、ガーデンパーティも同様です。
ガーデンパーティは、その機能性から、主婦層に人気となっているようです。
子育て中の女性は荷物が多々多いものです。
機能性を重視したバッグは他にもたくさんありますが、女性としてはデザイン性にも拘りたいものですし、子育て中であってもブランド品でおしゃれを楽しみたいものです。
このような女性の声をしっかりと訊くのがエルメスなのです。
真にガーデンパーティは、バッグの使い勝手や機能性、収納力など、子育て中のお母さんのお出かけにぴったりのバッグといって良いでしょう。
ガーデンパーティは充実したラインナップと際立つ機能性から大人気ですが、毎日使用すれば汚れが付着するのも当然です。
でも、ガーデンパーティで使用変わる材料は、ある程度シミが付着しても、クリーニングで染み抜きすることができるので、安心してください。

「エルメスジャポン」について

「エルメスジャポン」は、エルメスの日本での商標権行使に関する業務全てを受け付けている企業です。
エルメスは世界中で愛されているトップブランドですが、日本におけるマーケティングは第1位となっているほど、エルメスグループの中けれども日本での売上は重要となっています。
このように、エルメスジャポンのポジションは、エルメスグループにおいても、至って重要な位置を担っているのです。
日本でエルメスが売り出したのは1961年のことところが、日本でのマーケティングへ本格的に参入したのは、エルメスジャポンが現地法人として設立された1983年からです。
エルメスジャポンは設立された当初から、フランスの職人が1つ1つ丁寧に製作した製品と日本の顧客をつなぐ架け橋となって、顧客の要望に対応する努力をしているのです。
日本初となる直営店は、丸の内に1978年に誕生しました。
エルメスジャポンは、エルメスグループ日本法人として、西武百貨店とエルメス社との合併で1983年に設立しましたが、その後、エルメスの決定的子会社として移行されて、さまざまな大手百貨店に出店していきました。
世界における売上について見てみると、日本の売上は全体の誠に27%も占めており、エルメスジャポンは重要な位置にあることがわかります。
現在エルメスジャポンは、39店舗を全国に展開し、社員約700人の企業です。
社員は感性多く、ありとあらゆる観点で最高峰の品質を探し求め、豊富な知識を身に付けることを要求されます。
このようなことから、エルメスジャポンに就職するには、必要なスキルが本当に厳しく、大変酷いことでしょう。
選び抜かれた社員によって、エルメスの日本におけるマーケティングを支え続けているのです。

「メゾンエルメス」について


エルメスの銀座店「メゾンエルメス」は、エルメスグループにおいても規模の幅広い店です。
エルメスグループが日本における市場を重要としていることが伺えます。
銀座の「晴海通り」に面してそびえ立つメゾンエルメスは、イタリア人建築家レンゾ・ピアノが建築に携わった、11階建ての最適ビルです。
レンゾ・ピアノは、銀座は昼と夜とでまるで別の顔を保ち、万華鏡という街というイメージを以てあり、ランタンを表現するために、昼間は光を外から中へ、夜は中から外へ解き放つことができるガラスによるそうです。
「エルメス」というトップブランドのイメージを最大限に引き出した、銀座の街並みを最高峰の演出によって彩っているのです。
日本国内の高級ブランド店が集まる銀座にそびえ立つメゾンエルメスは、いともエラい景観となっており、銀座の街に溶け込んでいます。
やはり、景観だけを重視したビルではなく、エルメスを力一杯楽しむことができるビルとなっています。
1階から4階には衣服、バッグ、時計、小もの類などエルメスのさまざまなアイテムがそろっています。
また、エルメスの原点である馬具を販売している階もあります。
さらに、5階には「アルバム・エルメス」というエルメスのミュージアムがあり、これはパリ以外ではいよいよとなります。
当然、商品の販売だけではなく、製品の修理をする工房もあります。
銀座のメゾンエルメスでは、製品の販売からその後のアフターケアまで、万全の体制でお客様を迎えているのです。

エルメスのデザイナー

エルメスのデザイナーを紹介します。
「ヴェロニク・ニシャニアン」・・・エルメスには1988年に入社し、それ以来10年以上メンズ・プレタポルテを指揮するメンズウェアのディレクター兼デザイナーとして活躍しました。
彼女はフランスのパリに出来上がり、「パリ・オートクチュール専門学校」でファッションについて覚え、1976年からは「CERRUTI(セルッティ)」のデザイナーとして実力を発揮し、1988年には、その才能が認められて「パリ市長賞」を受賞しました。
たっぷり高級材料を使用した、上品でシックなコレクションを発表して赴き、現在のエルメスにおけるプレタポルテの基礎を築いたデザイナーです。
「マルタン・マルジェラ」・・・エルメスのレディースウェアのデザイナーとして、1998年から2004年まで担当したデザイナーです。
彼は1957年にベルギー・ルヴァンで出来上がり、「アントワープ王立芸術アカデミー」でファッションを覚え、「ジャン=ポール・ゴルティエ」のもとでアシスタントとして経験を積んでいきます。
自身のコレクションを1988年に開催されたパリコレクションで発表してデビューしました。
エルメスのデザイナーに就任後は、ずっと斬新なウェアを発表して赴き、みんなから高評価を受けます。
彼が発表したコレクションによって、レディースウェアのブランドとして、エルメスの知名度を深く高めました。
その後、コレクションと彼のブランド「マルタン・マルジェラ」に集中するために、「ジャン=ポール・ゴルティエ」にデザイナーの座を託しました。
「ジャン=ポール・ゴルティエ」・・・2004年からレディースウェアのデザイナーを務めています。
彼は1952年にパリで出来上がり、アシスタントとしてキャリアを重ねていきます。
1976年には自身のブランドを発表し、80年代には、ボンデージ・ファッションや下着ルックで注目を呼び込み、1990年にはマドンナの舞台衣装を担当しました。

エルメスを安心して購入するために


ブランドの上物を購入する際に、コピー商品を買って仕舞うリスクがあるのは心配と思います。
では、エルメスの商品を安心して購入するためのポイントを紹介します。
ブランド品のコピー商品は、何年も前から市場に出回ってあり、世界中で社会問題となっています。
エルメスにおいては「R指定品」などと称して、精巧なエルメスの模造をパッケージにまで施し、上級でも見分けられない製品も存在します。
また、真にエルメスで技術を覚え、その後エルメスを離れた職人が製作したコピー商品だと謳った「R指定品」まであるようです。
そのため、本ものとコピー商品を見定める簡単な方法は小さいと考えられます。
でも、本もののエルメスを再び安心して購入するには、次のことを頭に入れておくことによって可能になります。
1、エルメス直営のブティックで購入しましょう。
2、新作を購入しましょう。
コピー商品の新作が流通するまでは、時間の遅れが若干生じます。
そのため、できるだけ早い時期に新作を購入することによって、コピー商品と出会う可能性が低くなります。
3、添え物が全部そろっているか確認しましょう。
正規品でも、理由もなく布袋などの添え物がない場合は、新品ではないとして間違いないでしょう。
気になることがある人は、直営のブティックに問い合わせて下さい。
4、「バーキン」には、いくつかの特徴があります。
信頼できるショップをめぐって、そういった特徴をしっかりと覚えておくと、明白なコピー商品などは分かるようになるでしょう。
5、インターネットオークションには手を出さないようにしましょう。
そのほかにも、通信販売やインターネットショッピングは「クーリングオフ」が適用されないことがあるので、注意しましょう。
6、新作ではなく新古品や中古品になりますが、目利きのプロとも呼び込める「質店」を利用するのも良いでしょう。

エルメスの珍しいアイテム

エルメスは高級バッグやスカーフ、財布、アクセサリーなどで有名ですが、ここではなんだか手に入らない物珍しいアイテムを紹介します。
「エルメスにあんなアイテムがあったの!?」と驚かれるかもしれません。
「エルメス シガレットポット」・・・ウッド材料を使用しており、高級感あふれるシガレットポットです。
蓋の部分はシルバーで、取っ手部分はレザーを使用し、豪華でエレガントな仕上がりとなっています。
「エルメス CHAIR」・・・トップブランドのエルメスのイスは、実用品として使用するのが悔しいくらい高級感があり、美しくてすばらしい逸品です。
一生ものとして、自慢の品になるはずです。
材料は「アルデンヌ」という上質な革で作られてあり、カラーはナチュラルな落ち着いた色です。
背もたれ部分が幅広いので、悠然と寛ぎ贅沢な気分を満喫することができるでしょう。
「エルメス 鉛筆削り取り」・・・エルメスの頭文字「H」モチーフの鉛筆削り取りで、インテリアとして飾ってもステキです。
シンプルなデザインなのに、とても迫力のある逸品です。
「エルメス トランプ」・・・エルメスカラーのオレンジの箱に入ったおしゃれなトランプです。
エルメスの象徴「H」などをモチーフにしたエレガントなデザインと配色は高級感があふれ、実にシックな雰囲気が漂います。
全くレアなアイテムなので、エルメスファンだけでなく、大切な方へのプレゼントとして贈っても、大変喜ばれるはずですよ。