WIMAXとWIMAX2の違い

WIMAXは電波塔等から飛んでくる契約している電波を受信して、機材に繋ぐと言う中継のお勤めをしています。

携帯出来るポケット形の無線のようなものです。

当然、ネットの固定回線と比べると、受信出来る量に強さのムラがあったりして安定はしていません。

ニッポンでWIMAXが市販されたのは2009年からで、通信速度は速いですが、屋内や山、通信の経路の途中に障害となるようなものがあるようなケースは、全く電波が受信できなくなってしまったりします。

WIMAXの通信出来るスポットは広スポットで、地方のほうだとしても受信出来ます

WIMAXは、月の通信制限の規制が大半ないため、電波が入りさえすることによって固定回線の代わりとしても代替え出来ます、。

ですが、WIMAX2+は、そのWIMAXの弱点であった電波の弱さや速さを大幅に改善しました。

WIMAX2+では、WIMAXの電波も受信出来る上に、新しく早い回線であるWIMAX2+と言う電波と、携帯電話だとしても受信出来るau 4G LTEと言う電波の3部類を受信出来るようになっています。

実はWIMAX2+の電波の方が、WIMAXの電波のスポットと比べるとスポットはスペースがないです。

ですが、速さは圧倒的にWIMAX2+の方が高速になっています。

月の利用料金についても、販売しているプロバイダにもよりますが、本質的にはWIMAXとWIMAX2+では1,000円程しか差異ません、。

近年はWIMAX2+の電波のスポットも拡大中とのことですので、新しくWIMAXのオーダーを検討している方には、WIMAX2+の方がおススメです。

参考にさせていただいたページこちらです。

WiMAX比較・WiMAX(ワイマックス)ルーター機種比較・WiMAX(ワイマックス)で絶対に失敗させないプロバイダ・料金・キャンペーン比較の完全版、はじめての人にも分かりやすく