偽ものの見分け方

多くのコピー品が出回っている人気ブランドのルイヴィトン。
ルイヴィトンの財布やバッグなど偽ものの見分け方について説明します。
財布だけではなく、ルイヴィトン全般にも呼べることだからよく理解しておいて購入の際の参考にください。
では「製造ナンバー」をチェックします。
製造ナンバーの有無をチェックします。
一部正規品でも製造ナンバーが欠けるものがありますが、おそらくはついていますからチェック下さい。
製造ナンバーが刻印されているのは見えにくい場所にありますからよく注意ください。
製造ナンバーは、製造年月の数値配列が不自然になっていないか見るといいです。
生産工場のアルファベットと「MADE IN」の生産国があっているかをチェックするのもポイントです。
次は「ルイヴィトンのロゴ」をチェックします。
モノグラムの「LV」のロゴが途中で切れているところはないかチェックします。
ロゴマークはルイヴィトンの命です。
正規品が途中で切れていることはありえないのです。
次は「ファスナーの金具」を見ます。
財布でもファスナーがついているものは、金具部分に「LV」のロゴが入っているかどうかを見ます。
ロゴが無いものはたぶん偽ものです。
同じく「留め具」にもルイヴィトンの文字が刻印されています。
弱いものは偽ものだと判断していいと思います。
最後に「縫製」をチェックください。
職人たちの高い技術によってルイヴィトンの製品は作られています。
財布やバッグなどの縫製をよくみて、雑になっている部分があればそれは偽ものです。
このような点をチェックして偽ものか正規品かを判断ください。
気に上る場合は専門店や質屋で鑑定してもらうと偽ものかどうにか判断できます。