“美シルエット”のフォーマルワンピース


細くて美しい体のラインに見える“美シルエット”のフォーマルワンピースは、50代ミセスの結婚式の服装として人気があります。上品で美しいシルエットを実現してもらえるフォーマルドレスのポイントは、ウエストがきゅっと絞られくびれのラインを美しく見せ、スカートは長めではたらくたびにひらひらと揺れ、大人の女性の魅力を引き出すものです。
50代以上のミセスにお勧めなのが、つやがあって高級感があり、落ち着いた綺麗な色合いのグレーの生地に、長めの丈のスカートでウエストに切り替えのあるドレスは、おなかや足の太さが目のぼりません。ご親族として結婚式に出席する場合は、グレーのドレスなら同系色のグレーのジャケットがお勧めです。一段と女性らしく羽織るには、黒のストールをきると良いです。その場合、バッグや靴は黒かシルバーがお勧めです。
ダークグリーンのフォーマルワンピースも、シックで大人っぽい色合いです。生地にさりげなくラメが散りばめられていると、全体的につややかな雰囲気になります。40代~50代のミセスには、スカート丈は結構長めの方が上品です。背中が広めに開いている場合は、ジャケット風の黒のボレロを羽織るとフォーマル感が出て良いでしょう。より華やかに目指す場合は、ラメ入りのゴールドのストールがお勧めです。
50代後半~60代のミセスにお勧めなのは、襟元の露出が少ないベージュのドレスです。やや光沢のあるベージュの生地は、顔周りを明るくのぞかせる効果がありますし、露出が控えめで気品が漂います。また、丈が長く裾が広がっているスカートは、走り回り易いので足元も安心です。

模様のあるフォーマルワンピース


模様のある生地のフォーマルワンピースは、結婚式には派手かな?と心配になるミセスも多いかもしれません。最近では、結婚式のマナーとしても、模様入りのドレスも問題はありません。それでも、より上品に仕上げたい場合は、黒の長袖ボレロやジャケットをコーディネイトするのがオススメです。
40代~50代のミセスにオススメなのは、流行ケバイワインレッドのドレスです。レース模様は肌にもなじみますし、スカートの下がフリルになっていると、大人の色っぽさが引き立ちます。ワインレッドを使いこなすのも“黒”です。かっちりめの黒のジャケットを合わせると、クールに仕上がります。また、ネイビーのボレロを合わせると、ほかと違う大人のおしゃれを楽しむことができます。この場合、バッグや靴などの小ものは黒にください。
上半身がシンプルな黒に、スカートは美しい柄の入ったブラウンのフォーマルワンピースも、至って上品で50代のミセスにオススメです。上半身が黒の場合、羽織ものは黒に揃えるのが良いです。ジャケットもボレロも合いますが、どちらにしても丈が少ないものにすると全体的なバランスがとれて、足長にも感じる効果があります。バッグや靴は、黒かブラウンにください。
50代のミセスがはおる結婚式のフォーマルワンピースにはおるジャケットは、生地に張りのあるシャンタン材料のもので、肩パットの入ったちゃんと感のあるものがオススメです。ドレスのウエスト部分の切り替え位置によって、ジャケットやボレロの丈の長さを選びましょう。

黒ドレスのコーディネイト


60代のミセスが結婚式に出席する際には、「初々しい方ものの詳しい色のドレスは着られない」「親族として結婚式に出席するのだから、シックなフォーマルワンピースが良い」など、結婚式でおしゃれを楽しむ、というより失礼にならないマナーに沿ったものを探し回る方が多いでしょう。そのため、60代のミセスに人気なのは、黒のドレスのようです。
でも、シンプルすぎる黒のドレスは、晴れ晴れしい舞台である結婚式には、地味で物悲しい印象になって仕舞うこともあります。そこで、60代のミセスにオススメなのが、黒の生地に刺繍が華やかにはいったフォーマルワンピースです。全然エレガントな印象で、結婚式のマナーにも徹頭徹尾問題のないデザインで、ご親族としての参列にもぴったりです。
黒のドレスに映えるのは白の刺繍です。袖がシースルーのデザインになっていると、エレガントな雰囲気になります。襟元は幾らか鎖骨が映るくらいだと、一段と大人の魅力が出ます。バッグは、ギンギンした材料を使用した黒や、ゴールド系のもので華やかさをアップさせます。靴は、黒やベージュがオススメで、アクセサリーは、品の良い真珠のネックレスが良いでしょう。
黒のベロア生地は、しっとりとした肌触りで重厚感があり、レースを合わせることで、二度と高級感があふれます。黒のベロアはほんのり重たい印象になるので、羽織ものはサテン生地の黒いボレロでコーディネイトすれば、軽やかな見かけになります。また、惜しくも華やかにしよ場合は、白のコサージュやイヤリングを合わせれば、さっさと明るくなります。