30代におススメファッション~ボーダー編~


●ボーダー●
ボーダーは如何なる年代でも着られる柄で、多くの女性に愛されているデザインでもあります。
そんな20代から40代・50代・・・と年齢を問わず、広い女性に人気のボーダーには、カットソーやワンピース・スカートと様々な衣服に用いられていますが、別にこのボーダーは30代を迎えた女性にはぜひ着て望む一着です。
理由は、思わず大人っぽく着こなしていくように意識すると、最初の内は無柄のものを選択する事が数多く、下手すると地味っぽくなりがちです。
そんな時に役に立つのが柄もの。
けど、柄ものを選ぶのが苦手な人もいると思います。
ワンポイント的に賢く柄ものを選択出来るファッションセンスが良い人ならば、自分流のアレンジを加えて賢く着こなす事ができますが、大人な雰囲気を崩さずに柄ものを選ぶは大して苦しいものです。
直感的に愛する柄ものがあっても、常に同じスタイルになってしまったりしていませんか?
それを打開するにもボーダーというアイテムは活用出来る柄なのです。
30代を迎える人ならば、丈を短すぎないように気を付けて選ぶと、様々なコーディネートで活用出来る事間違いなし!
また、体系が気になる人は、ボーダーの幅に注目して選ぶと失敗しません。
ボーダーの幅・ボーダーとボーダーの間隔の広さ、これらの違いで全体のスタイルを視覚的にスッキリと見せる事ができます。
ボーダー自体が厚く、間隔も幅が幅広いとラインを膨張させる効果があるので、体系を気にしている方は、細めのものを選ぶと良いでしょう。
また、マリンテイストを感じさせるボーダーはカジュアルコーデとして重宝するアイテム。
ボーダーワンピースも一つ所持しておくと、アウターはシックであっても気軽にカジュアル感を吐出し、雰囲気も明るくできるのでおススメです。

アラサーにおススメなファッション通販サイト~ピエロ④~


アウターにも、30代の女性におススメなアイテムがあります。
●ワッフルロングコーディガン●
表面が凹凸感があるので、羽織るだけで表情を豊かに見せてくれます。
綿混のワッフル材料それで、肌触りがすばらしく着心地抜群、そして通気性や吸湿性にも優れているという、装い易い物品になっています。
洗濯も可能それでお手入れしやすいのも望ましいアウター。
縦長にすとんとたたきつけるコーディガンなので、スッキリとしたシルエットを作って、スタイルアップの効果も。
気になるヒップラインを隠してもくれるので、体型を気にしている方にもおススメです。
また、長めのアウターでは動き辛いという方それでも、こちらは深めにサイドスリットを施しているので、軽やかに働くことが可能になっています。
そこに、くったりとしたフードがついていることで、カジュアル感もほどよく演出してくれて、スタイリングのポイントにもなっています。
インナーやズボン・スカートなど、中のものが変わっても使いまわしのできるアイテムです。
●トレンチコート●
滑らかな肌さわりと、光沢感の美しさのあるトレンチコートで、女性らしい着回しにも、パンツスタイルなハンサムコーディネートにも併せ易いアウターです。
生地には、ポリエステル混なのでしわになりづらいという、外で折りたたんも使いやすい材料を採用。
そこにレーヨンを使う事で滑らかな生地感を出しています。
再びポリウレタン混という事で、伸縮性も完全ジャケットものの堅苦しさはありません。

30代におススメファッション~ニット編~


●シンプルなニット●
カジュアル感を出したい時におススメなアイテムとしてボーダーをご紹介しましたが、逆に大人っぽく、それでいて余裕を感じさせるアイテムとしておススメなものをご紹介します。
それがシンプルなニット。
シンプルなアイテムは無駄なデザインがありません。ですので、ごまかしが効かないアイテムとも言えます。
だからこそ、大人な魅力が出てきた30代の女性にぜひ着てほしい一着です。
シンプルなニットには、シンプルなパンツやパンプスを合わせてみると、一層大人の魅力を引き出せる事間違いなし!
スカートを集める場合には、大人かわゆいスタイルになり、フェミニンさを感じさせる事が出来るコーディネートになります。
また、デニムとの組み合わせもおススメ。
カジュアル感もあり、動きやすいのでママスタイルとしても良いでしょう。
全体のコーディネートがさみしいと感じる時折、首元にストールを巻いてみると、印象がパッと変わります。
中でも、シンプルなスタイルでまとめた場合には、明るめのチェックなどの柄もののストールを巻くことで、華やかさが加わるので、アクセントにおススメです。
また、ニットの中にシャツを差し向けるのも女性らしい柔らかさを与えて頂ける。
ニットと同系色にすれば大人スタイルになりますし、チェック柄を合わせればカジュアル感を、色ものを合わせればスッとしたスタイルへと変化します。
履ものにはパンプス以外にも、ショートブーツを履くのも良いですね。
ヒールの高さを活用して、足首が思えるくらいにボトムスの丈を調整すれば、足長効果を得られると共に、全身のバランスもよく見える。