冬季キャンプに要するな防寒ウェア

キャンプ場のいっぱいは、山間部や水辺等常々生活しているよりも温度が、低めのスポットに位置していることが、いっぱい、これによる冬季キャンプにおいて防寒対策は、必須です。

又、体感温度は、湿度や風の有無等によるも異なり、天気予報の最低温度を、下まわるケースも有るので、予報よりも寒く成ると言うことを、前提に準備しておくことが、ポイントです。

冬季キャンプのウェアは、防寒対策としてベースレイヤー(下着)・ミドルレイヤー(中間着)・アウトレイヤー(上着)の3層にレイヤリング(重ね着)するのが、基本です。

ベースレイヤーは、蒸れや汗による冷えを、防ぐのに大切なため、吸湿性・速乾性に優れたモノを、選ぶようにしましょう。

ポリエステルやメリノウールを、素材とした下着が、おススメです。

ミドルレイヤーは、保温性・透湿性が、高いフリース素材が、適しています。

アウトレイヤーは、ミドルレイヤーの暖かさを、保持するだけでなく、雨や風、雪等から身を、守る要するが、有るため保温性以外にも、防寒・防水・防風性等も備えている要するが、有ります。

レイヤリングは、ただ何枚も着込むのでは、なく、使命の異成る衣服を、温度や天候等に合わせて重ね着することで、体温調節を、スムーズにします。

化繊を、含むシステム性ウェアは、、気象要素や体温チェンジを、かんが、えなくてもウェア側で調節してくれるハイテクウェアで、街中では、アウターとして、山では、ミッドウェアとして大大活躍してくれるでしょう。

化繊を、利用したハイテク素材のウェアは、、透湿性やストレッチ性も完備しており、タウンユースだけでなくキャンプから雪山登山もスコープに入れている方におススメです。

又、価値の張るものが、いっぱい雰囲気の有るアウトドアウェアですが、、近頃では、ファストスタイルの影響もあって、思ったよりも安値で買い入れ出来るシステム的なウェアが、登場してきています。

冬季キャンプは、底冷えを、意識して防寒対策を、することが、大切です。

底冷え対策を、せずに横に成ると体が、冷えて眠れず体力を、消耗してしまいます。

レイヤリングで温かい空気の層を、体のまわりに創り、さらにマットやコットを、利用して底冷えを、防ぐことで爽やかな睡眠を、得ることが、出来ます。

準備不足だと寒冷が、辛いだけでなく、生命のリスクにも関わるためしっかり防寒グッズを、そろえて冬季キャンプに臨みましょう。