部屋を、あったかでするアレンジ

冬季の寒冷に耐える為に、部屋に防寒対策を、するのは、基本です。

なかでも、特に大切なのが、、部屋のなかで最も冷える窓際の対策です。

ガラスは、熱伝導率が、低く、寒冷を、伝えにくいものですが、、常に外の空気にさらされているうちに冷えてしまい、その熱伝導率の低さが、災いして部屋を、暖めるのを、邪魔してしまいます。

まず窓ガラスには、プチプチを、貼って外の冷たい外気を、シャットアウトしましょう。

プチプチといえば、子どものころ誰でも、一度は、つぶして遊んだことが、有るのでは、無いでしょうか。

そのプチプチを、窓ガラスに貼ることによる防寒効験が、グッとUPします。

プチプチのなかに有る空気が、、ガラスに比べて熱伝導率が、低めのので熱が、伝わりにくいと言うことです。

プチプチは、100円ストアーでも、手に入れることが、出来るので緊急にコスパの良い防寒グッズといえます。

又、マドピタシートは、裏のシートを、剥が、せば粘着面になっているので、プチプチより手軽に窓に貼ることが、出来ます。

デコボコしている窓でも、問題なく貼れるので、デコボコガラスのケースは、は、こちらの粘着スタイルのマドピタシートが、おススメです。

このシートは、紫外線もカットしてくれるスタイルもあって、絵柄も数部類有るので使途や部屋の雰囲気に合わせて選ぶことが、出来ます。

このプチプチを、窓ガラスに貼ることで、1.5℃?2℃くらい温度上昇の効験が、期待出来ます。

さらに、これは、いっぱいの方が、すでにやっておられるとおもいますが、、窓ガラスにプチプチを、貼りつけるのと同じ時に、カーテンを、厚手のものに交換しましょう。

厚めプラス長めのものにするとさらに効験的です。

そして、窓やドアの隙間を、見てみてちょーだい。

手を、当てると意外と外の空気が、流れ込んできているのが、分かるとおもいます。

窓のサッシからは、隙間風が、入ってしまうことで、部屋の空気と外の冷たい空気が、混ざってしまい、部屋が、暖まりがたくなってしまいます。

これによる、サッシの隙間を、塞ぐアレンジも要するです。

おススメは、は、いらなくなった古いスポンジや、新聞紙、モヘヤシール等で、これらは、すべてローコストで手配出来るものが、殆んどです。

隙間風を、防ぐためのものなので、隙間のでき無いようにぴっちぴちに詰め込みましょう。

これも意外と効験が、有ります。